TMD-Makerの特徴

TMD-Makerの特徴と現時点で、TMD-Makerで出来ることと、できないことをまとめました。

TMD-Makerは日々バージョンアップしていますので、できないことについては「あくまでも」現時点でのことでありますが、残念ながら必ずしもTMD-Makerで将来実現を保証するものではありません。

TMD-Makerへ追加して欲しい機能があれば、新規チケット でリクエストをください。

特徴 –

  1. OS非依存!Javaが動作する環境で利用できます。Eclipseへインストールして動作するPlugin版と、スタンドアロンで動作するRCP版の2種類を用意しています。
  2. オープンソース!特定のベンダーに依存しません。ソースが公開されていますので自分で弄れます。
  3. 無料!何回使っても、何人で使ってもお金は一切掛かりません。でもカンパしてくれたらうれしいかも・・・
  4. 無保証!バグがあっても責任はとれません。が、バグ報告してくれたら修正されるかも。

出来ること

  1. TMの5つの文法によるTMD作成
  2. TM’(みなし概念)のモデル(みなしエンティティ、みなしスーパーセット)の作成
  3. ラピュタ、ターボファイル、メモの作成
  4. ダイアグラムをイメージファイルで出力
  5. アトリビュートリストをHTML形式で出力
  6. 関係の検証表をHTML形式で出力
  7. キー定義書をHTML形式で出力
  8. Sphinx形式のドキュメント出力
  9. 物理実装情報の登録とデータベースを指定したテーブルとインデックス作成DDLの出力
  10. さまざまな方法によるダイアグラムのレイアウト調整

(まだ?)出来ないこと

  1. Eclipseのアップデート機能を利用したTMD-Makerのバージョンアップ
  2. ダイアグラムからアプリケーションの雛形を作成
  3. 佐藤正美氏の頭脳のEclipseプラグイン化